新会社法ドットコムTOP > 新会社法について > 今回の新会社法(商法改正)の概要

今回の新会社法(商法改正)の概要

今回の商法の改正のポイントを簡単に表現すると、『一本化』と『現代化』の二つに集約されます。

今回の商法の改正のポイントを簡単に表現すると、『一本化』と『現代化』の二つの言葉に集約されるでしょう。これまでは、一言で『商法』といっても、実際にはそれに関係する数種類の法律が存在していました。そのような複雑な法体系を整理するために、商法と有限会社法、商法特例法をまとめる事となりました。これが『一本化』です。また、ビジネス実務からの要請を受け、より容易に企業買収(M&A)やベンチャーなどの起業を実現させる事ができるようなっています。合同会社やLLPなどの新しい起業方法も可能になりました。また商法の条文は漢字とカタカナで書かれていた文語体であったものを、読みやすい口語体に変更しました。これらが『現代化』というわけです。


sin_img01.jpg